FC2ブログ

柿の葉寿司 鯖寿司

Category : 未分類
明るくなってから目が覚めた。
散歩しながら花の撮影。
ちょうどいい光である。
コンプレッションウエアを着ると歩きやすい。

スーパーに行ったら、駅弁を売っていた。
ずいぶん高い値段がついている。
最近は車内で食事をしないので、ずいぶん昔の価格で覚えていた。
ずいぶん昔に食べた記憶のある柿の葉寿司と鯖寿司を購入。

セルフレジに並ぶ。
誰かが問題を起こすのは毎回。
自分もレジ袋を持ち上げてやり直し、値段のついていない商品の扱いで店員を呼んだことがあるので気にしない。

田舎で働く話。
両親と一緒に住んでいる場合は低賃金でも生活できる。
ただし、結婚して子どもを育てると、いろいろきつくなる。
職種の幅がないのも困る。
若者の流出を止める要因は少ない。

無償譲渡

Category : 未分類
コンプレッションウエアというものを購入した。
上が大きすぎたので買い足した。
これは、お腹も胸も締め付ける。
着ているだけでも、筋肉を鍛えられそうだ。

プレハブ店舗、再出発 陸前高田、無償譲渡で営業継続 https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/10/11/25516
 東日本大震災で被災し、再興を目指して仮設店舗で奮闘してきた陸前高田市の商業者が、新たな出発のときを迎えている。9月末で仮設施設の利用期限を終えた126カ所のうち、約80カ所が店舗の無償譲渡(払い下げ)を受ける見通し。当面の拠点が固まった事業主には安堵(あんど)が広がる。だが、家賃や土地貸借料、税負担が生じ、将来の解体費用を懸念する人も。震災から7年7カ月。商店主らは不安を抱えながらも、震災後を支えてくれたプレハブ店舗と歩みを進める。


以前、自動車整備工場の方と再建について話した。
嵩上げ地への移転はしない。
移転する理由がない。
と言っていた。
確かに、整備工場は今ので充分である。
その他も、高台でも支障のない商売が多かったのだろう。

居酒屋に関しては、微妙である。
二次会、三次会を徒歩圏内で探すには、仮設の居酒屋は散らばっている。

マグロを買いに気仙沼に行こうとしていたら、客が来た。
近場で間に合わせた。
魚には変わりがない。



中途半端

Category : 未分類
庭の手入れをしていたら、ビオラをもらった。
ついでに、あちこち植え替える。
相変わらず、根が張っていない。
ルコウソウが今頃元気がいい。

牡蠣小屋が開店の日。
昼食時間を避けていったので、空いていた。
蒸し牡蠣の牡蠣汁と牡蠣ご飯のセットを頼む。
蒸し牡蠣は自分で開けて食べろとのこと。

食べやすい牡蠣汁から。
普通の牡蠣汁、自分でも作れる。
牡蠣ご飯、米がいまいち。
牡蠣でも誤魔化せない。
蒸し牡蠣。数は多いが大きさもそれなり。
時期が早いので仕方がない。

全般的に普段使いの食堂ではない。
観光客相手にするのなら、もっと海っぽい仕掛けがほしい。
中途半端な印象である。
それでも、地元の海産物を食べさせる貴重な店である。

ついでにアバッセに寄ったが、相変わらず歩きにくい。
小さい段差は、返ってつまづく。
客のほとんどが高齢者。
安売りのパーカーを購入。
これはアマゾンより安い。

選挙の話。
人柄より、何をするのかを具体的に話せる方がいい。
総花の話からは人口が減少するまちには何も期待できない。



松茸まいたけ

Category : 未分類
朝暗いうちに起床。
夏と違って5時でも暗い。
雨模様のへんな天気。

昨日、嵩上げ地に行って気づいたこと。
ATMのところから駅まで往復したが、小さい段差
やら、遠回りの道やらで歩きにくい。
小さい段差は高齢者はつまづく。
ショッピングモールの中の黄色いラインが盛り上がっているのもつまづく。
最近は、足腰が弱っているのでこういうのが気になる。

小田原の感想で、当市にも海のものを食べさせるところがほしいと思っていたら、今日、牡蠣小屋ができるらしいという噂が入った。
別の場所から、明日開店という情報が入った。
内容がわからないので、明日の午後の空いたあたりに行ってみる。

今まで、まいたけの香りがするのを食べたことがなかった。
今回のは、蓋を開けた途端にわかる。
さすが八幡平である。
ついでに松茸ご飯も来た。
田舎ではこういうこともある。

りんごの季節になった。
予約に行ったら16種類もあった。
来週はさらに増えるそう。
1種類1個の詰め合わせを送ることにした。

旅行ボケ

Category : 未分類
暗いうちに目が覚めた。
清掃、鉢植えに水遣り、不在中に暴風でひっくり返った花の移植をする。
あとは、明るくなるまでのんびりネットサーフィン。

お土産を渡しに行ったらまいたけをもらった。
八幡平でイベントがあったそう。
混浴温泉に行ったら、女性の入り口の方を凝視している男性客がいたそう。
以前、酸ヶ湯温泉では、ペットボトル持参で女性用入り口から目を離さないのを目撃したことがある。
これで混浴文化は廃れていく。

新幹線の乗車券を買いに行く。
ATMに寄って徒歩で駅まで行く。
待合室には2人ほど。
ついでに昼食。
平日なので客は少ない。

海のまちなのだが、ラーメン店が多い。
いっそラーメンのまちにする手もある。
醤油ラーメンを食べたが、澄んだスープでなかったので一口しか飲まなかった。
ラーメンは自分で作った方がいい。

まだ旅行ボケしているので、聴きに行ったバンドの紹介。
震災後、長い付き合いになった。



プロフィール

HELPtakata

Author:HELPtakata
日常の断片を書いています。
当然、主観的な見方をしています。
中口@HELPTakataでつぶやいています。
ときどきまちを離れます。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
単なる寄付でもなく、チャリティーグッズでもない。目に見える支援のカタチ
ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)"