あの日

Category : 未分類
一関の地主町で、デモ隊のため車が停められているときに揺れが来た。
道路が波打ち、ショーウィンドウからマネキンが落ちてきた。
揺れがおさまって、信号が消えている中、デモ隊が行進を始めた。
給油できなくなって、5日間戻れなかった。

定年だったので、支援物資の運搬の手伝いをした。
ボランティアに応募した方々は、みんな回された。
都庁から応援に来た方々も一緒だった。

高台での生活が始まった。
‪<震災7年>生活資金の不安最多 県内遺族アンケート https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/3/10/9609‬

これからのまちには、解決の難しい課題が山積している。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

HELPtakata

Author:HELPtakata
日常の断片を書いています。
当然、主観的な見方をしています。
中口@HELPTakataでつぶやいています。
ときどきまちを離れます。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
単なる寄付でもなく、チャリティーグッズでもない。目に見える支援のカタチ
ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)"