市庁舎の位置、提案される

Category : 未分類
免許の更新のため、大船渡。
たいていのことは、大船渡まで来ないと手続きできない。
車だとそれほどでもないが、バスやBRTだと時間がかかる。

視力が心配だったが、照明が明るいので全部答えることができた。
両手に書類とカバンを持つことになったので帽子を忘れてしまった。
高齢者講習で注意されたところだ。

‪<陸前高田市>津波浸水区域内に市庁舎新築方針 | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170307_31010.html
‬ 東日本大震災で全壊した岩手県陸前高田市庁舎の再建を巡り、市は6日、現高田小校舎を解体して新築する方針を明らかにし、市議会3月定例会に改正条例案を提出した。市が示した候補地のうち、津波浸水区域内の高田小か高台の現仮設庁舎のどちらを選択するかが、焦点となっていた。


もともとその気だったので、理由は後付けに近い。
市外の方々から見ると、何で浸水域に建てるのかと思うだろうが、跡地利用にすぎない。
市庁舎の位置で賑わいが生まれるというのは、震災前に違う結果がでている。

賑わいをつくれるかどうかは、事業主の努力にかかっている。
以前、酢になった酒やカビの生えたクッキーを買わされたり、電話予約して行っても知らないと言われたりしたことがあるので、どのくらい変われるかが鍵である。

しりしりパスタを食べた。
不思議な味だ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

HELPtakata

Author:HELPtakata
日常の断片を書いています。
当然、主観的な見方をしています。
中口@HELPTakataでつぶやいています。
ときどきまちを離れます。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
TWITTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
単なる寄付でもなく、チャリティーグッズでもない。目に見える支援のカタチ
ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)"