ざざ虫 蜂の子

Category : 未分類
早起きしすぎて、昼ごろは眠くてしょうがなかった。

ざざ虫と蜂の子が届いた。
日数のかかり方と賞味期限を見ると受注生産のようだ。
味はごく普通の佃煮。
見た目もどうということもない。
もう食べることはないだろうというのが、試食した方々の結論。

リンゴ「冬恋」知名度さらに 県、仙台や東京でPR
「はるか」をブランド化したものである。
林檎農家の方の話では、高い値段をつけないと合わないとのこと。
手間も経費もかかっているそうだ。

ブランド化しているところでも、生産者によって味が変わるそう。
それを、出荷前に機械で計測して出荷基準に合うものを出荷するのだそう。
陸前高田では、そこまで出来る資金もないし、生産者もいない。
自分の好みの味の林檎を探すしかない。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

HELPtakata

Author:HELPtakata
日常の断片を書いています。
当然、主観的な見方をしています。
中口@HELPTakataでつぶやいています。
ときどきまちを離れます。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
単なる寄付でもなく、チャリティーグッズでもない。目に見える支援のカタチ
ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)"