世界津波の日

Category : 未分類
暖かい日。
床屋で髯をあたってもらっていたら、防災メール。
気仙沼のだそう。

車でラジオを聴いていたら、「稲むらの火」とか「スモン」とか聞こえてきた。
今日は国連が新たに定めた「世界津波の日」。

11月5日は、江戸時代の安政南海地震の際、現在の和歌山県広川町の商人が稲の束に火をつけて津波の襲来を知らせ、村人を高台に避難させたという「稲むらの火」の故事にちなんで、去年、国連が新たに「世界津波の日」と定めました。

だそう。
「スモン」については
インド洋大津波から11年 津波の記憶 “歌”で広める|特集ダイジェスト|NHK おはよう日本  が詳しい。
実際の歌は下の動画。
津波の石碑には「ここから下には家を建てるな」と刻まれているが、海で生きている方々はそれでは仕事にならないと言っていた。
歌のほうが体にしみこむかもしれない。

ちなみに、陸前高田市は明日防災訓練を行うそうだ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

HELPtakata

Author:HELPtakata
日常の断片を書いています。
当然、主観的な見方をしています。
中口@HELPTakataでつぶやいています。
ときどきまちを離れます。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
単なる寄付でもなく、チャリティーグッズでもない。目に見える支援のカタチ
ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)"