校庭の仮設解消へ支援策

Category : 未分類
よく晴れた日。雲一つない青空が広がる。
ちょっと調べ物をしていたら午後になってしまった。

こんな記事。


校庭の仮設解消へ支援策復興庁、意向調査費など
 復興庁によると、県内の小中高校の校庭にある仮設住宅は8月時点で、7市町村の31カ所2263戸。子どもの運動環境が制限される状況が続いている。一方、住まいの見通しを立てられず仮設住宅での暮らしを余儀なくされる住民もいる。すぐには解消できない状況も見越し、復興庁は仮設グラウンドや学校外のプールなど運動施設への移動支援も行う考え。



住宅の再建が遅れている現状では、仮設住宅からの移動は容易ではない。
校庭を使えない弊害も大きい。
仮設グラウンドも作れるところは作った。
そばに空き地がないと、それもできない。
この計画も時間がかかりそうだ。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

HELPtakata

Author:HELPtakata
日常の断片を書いています。
当然、主観的な見方をしています。
中口@HELPTakataでつぶやいています。
ときどきまちを離れます。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
TWITTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
単なる寄付でもなく、チャリティーグッズでもない。目に見える支援のカタチ
ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)"