気仙沼の力

Category : 未分類
けせん朝市でバグパイプの方と会う。以前twitterでイベント募集したところお出でいただいた。
新沼さんのとうがらしも撮影する。料理研究家の枝元さんも好きなものだが量産ができない。
にこまるもつくっているので後日おじゃますることにする。
産直はまなすから電話。愛知県からわざわざお出での方がいるとのこと。

桜ラインの植樹など、たびたび陸前高田においでの方で、当市の物産展を計画しているようだ。
車がないというので、案内することになる。
市内のあちこち回ったあと、気仙沼に行く。
宿泊する旅館のあたりが地盤沈下し周囲にはほとんど建造物がない。
食事もできない。階段などには震災のあとが残っている。それでも営業する。客も結構入っている。
食事を予約済みだというので、ナビを頼りに行こうとするが、砂利道しか見えない。
舗装道路で迂回するが、最終的には盛り土の道路でしかもダンプの往来のため、車の腹をがりがり言わせながらの運転になった。
一度は廃業しようとした民宿だが、周囲の勧めもあって、残った鉄骨で改修し食堂として再出発した。
知り合いだそうで、ちょっと豪勢な刺身定食になった。高田ではまだこういうお店はない。
目の前がすぐ海だが裏側は坂道をすこし登れば避難できる。
もと来た道は帰りたくないというと、ナビではわからない細道を教えてくれた。

市内には浸水域に商店街が建っていて、多くの客が往来していた。

岩張楼の猫はこんなこともする。

スポンサーサイト
プロフィール

HELPtakata

Author:HELPtakata
日常の断片を書いています。
当然、主観的な見方をしています。
中口@HELPTakataでつぶやいています。
ときどきまちを離れます。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2012年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
単なる寄付でもなく、チャリティーグッズでもない。目に見える支援のカタチ
ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)ぶらり気仙(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)"